スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の補足です♪

2010.03.21.09:12

g

切り方、貼り方の見本です。

1,2歳児のための工作

2010.03.21.09:11

ff

1、2歳の子とする工作は、丸める、貼る、なぐりがきをするなど、子どもが主体的に関われるもので、
遊ぶ時、見立て遊びにつながって想像力を刺激するものがいい
と考えています。

材料はいつも子どもが目にしているものの方が、
次に目にしたとき、「また作りたい!」という思いを引き出すので良いと思います。

清掃車(ゴミ収集車)です。

ティシュ箱に、折り紙を2枚、簡単に貼ります。
箱の側面の小さい面のひとつに切り込みを入れて、
開け閉めしてゴミの出し入れができる部分を作ります。

大人の手伝いは切る部分、貼る部分の一部です。
あとは自由にぐちゃぐちゃとさせると良いですね。
ティシュを丸めて、車に入れたり出したりするのを
子どもはとても喜びます。

幼児のための理科工作

2010.03.13.17:37

d

幼い子のための理科工作のアイデアを紹介します。

影絵のポップアップ絵本です。

キーライト(100円ショップ)で照らすと
後ろに影が大きく映ります。
好奇心をくすぐる工作です。

子どもとお絵かきをして、まわりを切り抜きます。
写真のように目もくりぬくと影がはっきりします。

大きな画用紙(本にしたいサイズ)を半分に折ります。
人形を立てる台にするための細い画用紙を用意して
三角を作って、人形の後ろと台紙の画用紙に貼ります。

この写真では、3歳の☆ちゃんが私の三角に折った紙を真似て
人形を立てる部分を作ったので、丸い輪っかになっています。

正しさよりも、自分で作ることができたという満足感が大事です。
これでOK♪

画用紙を本のように閉じてみて、
台にしている三角の紙に、閉じられるところで折りなおします。

アバウトに楽しく作ると、
また作れる!作りたい!
という意欲が生まれます。

ライトを照らすと、☆ちゃんうれしくてうれしくてたまらない様子で
笑顔がこぼれていました。




Tくんの発明家ハウス ただ今 建設中♪

2010.03.08.09:54

gg

工作作品として楽しい思い出に残っているものはこちらでアップしています。
子どもたちの作品もまたアップしていきますね。


「Tくんの発明家ハウス」どうなってるかなぁ?
と気になっている方
いらっしゃるのでは ないでしょうか?

工作好きのTくん母(なびさん)の手によって
ちゃくちゃくと建設が進んでおります。

私とTくんも
企画やデザインの面で
口と手を 邪魔に挟みつつ…

とうとう ここまで完成しました!

ただ今 ないしょ話専用電話のテスト中

横に設置してある黒いミラー…見えにくいですね
ハウスの丸い窓から光を当てると 壁(CDの裏面を貼る予定)に虹色が見えます!

黄色いばね計りも見えますか?写真が小さくて見えませんね
ペットボトルにオモチャを入れると計れます。

残るは 移動式の別棟ができると 
風力で動くTくん作ロケット(ひもを巻き上げる仕掛けつき)
マグネット上を回る Tくん作の機械
屋根でもあるミニプラネタリウム
圧力で上下するピンポン玉

などなど近日 完成予定です。

このハウス コンパクトにたためるようになっています。
なびさんは
同じサイズで 赤いお店屋さんも作ってあげていました。
そちらは カーテンまでついて
かなりかわいいです
  ↓いつも押してくださっている方ありがとうございます。

子どものあこがれを創作活動へ♪

2010.03.08.09:49

g
前回の記事……「ホログラフィーできたのですか?」と質問をいただいています。
なんと……できたんです!!
ガラスの屈折と目の錯覚を利用したもので、本当にホログラフィーと呼べるものかはわからないのですが、
いろいろ実験をやっているうちに、
空中に浮かぶ像を作ることができたんです。
できたときは、うれしかったですよ~!!
材料は、2記事前の写真……ガラスのコップ ガラス細工人形 ガラスの鍋蓋 懐中電灯です。



3年前の過去記事ですが、楽しい思い出なのでこちらのブログに残しておくことにしました。

科学館へ行った一週間後のレッスン中
こんなことがありました。

いつものように
「Tくん、工作しようか?
色紙とはさみを取っておいで。」
と声をかけたところ 走って取りに行ったはずのTくんが
妙なものを持ってきました。

ばねやらストロー 磁石…
「Tくん 実験がしたいの?」
「工作はしたくないの?」
とたずねると 突然 感情を高ぶらせて
「ぼくは…ぼくは…発明家の…みたいなのが作りたいんだよ!」
と言いました。

どうも 私の「おりがみを…」の言葉に 
憤慨したらしいのです。

発明家…??
と聞いて
…Tくんの頭の中でむくむく膨らんでいた
作りたーい!!ものの正体が ピンときました。

私も科学館に行った時の 展示物への熱中ぶりから
Tくんの発明品に対する
強いあこがれを 読み取っていたんです。

その思いをどう発展させてあげようか…?と 考えていたところに

Tくんの
「…発明家の…みたいなのが作りたいんだよ!」にぶつかって

そうだ!
Tくんと ちまちました工作をするのはいったんお休みにしよう。 
Tくんの科学への興味を大きく膨らまして上げれるような
「T くん用の発明家ハウス(発明家が住んでいそうなお家)」を作ってはどうだろう?
とひらめきました。

Tくんのお母さんに相談したところ
すぐに承諾してくださり
私が考えていたより 大きなサイズで実現できることになりました。


ハウスは Tくんが中に入って遊べるサイズに
ダンボールで作るつもりです。
使わない時は コンパクトにたたんでおけるよう設計中。

写真は 発明家ハウスのために集めた
廃品と100円グッズです。
ハウスの中の仕掛けを作る予定です

{/star/}「ホース」は音の伝わりを体感できる「電話」になります。

自転車のミラー」は 自分で傾きを変えて
光の進み方を学べるようにします。

空気入れ」を使って 細いホース内を キレイな物が空気の力で移動できる仕掛けを作ります。

ハウスの外には てこを利用してお人形用のエレベーターを作ります。

回すと 動く仕掛けや 
磁石の反発する力でTくんの作品が動く仕掛けも面白いなぁと思います。

あとは Tくんと相談しながら
お友達が大喜びするような「びっくり」をいっぱい
作っていくつもりです。

プロフィール

未来 奈緒美

Author:未来 奈緒美
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。